婚活ブームからの婚活支援

最近「婚活」という言葉をよく耳にします。私はもう結婚しているし姉は独身なのですが結婚に関してあまり興味がなく、身近に婚活をしている人があまり居ないのであまり詳しいことは知らないのです。ですが少し興味を持って婚活について調べてみると、今は少子化問題も重なり、民間だけでなく行政も婚活支援の取り組みを始めるほどの問題になってきているようですね。思いのほか婚活支援への日本各地の行政の積極的な取り組みが多くとても驚きました。 できちゃった婚という言葉を最近よく耳にするので、少子化なんてさほど心配することではないのではと私は思っていました。実際に私もできちゃった婚で今年に入籍しています。ですが今世の中は私の様なできちゃった婚で20代前半や10代後半に早々に結婚する人と、全く婚期が訪れてないない人や結婚願望があまりない人の二極化が進んでいるようです。時代と共に女性の職の自由の幅が広まり、職に充実して婚期を先延ばしにしたために恋愛に疎くなってしまった女性が多いのではないかと感じました。 そうした状況の中、婚活支援はもはや企業が利益のために行うものではなくなっているようです。行政が地方の過疎化対策の一環として婚活支援により少子化問題を解消させようと取り組んでいます。婚活ブームにのるのが恥ずかしいと思う人も一度くらい恥ずかしいという固定概念を無くし、このような婚活支援によって素敵な家族がたくさん産まれるといいなと思います。婚活ブームで婚活支援が積極的に各地で行われていることは、国全体にとってとてもプラス思考で良いことではないのでしょうか。

Facebook にシェア